暑い夏は背中のぶつぶつが悪化する

毛孔性角化症には↓こちら♪

夏に悪化する背中のブツブツの原因

夏場はなぜか背中のブツブツが増えてしまうという方も多いでしょう。

 

夏

 

その原因は汗や皮脂分泌にあります。

 

夏になると暑さにより毛穴が開いて皮脂も多く分泌されますし、汗も多く出てきます。

 

そのため毛穴が詰まりやすくなりブツブツが増えてしまうのです。

 

また夏は意外にエアコンの影響などで乾燥しがちになってしまいます。

 

皮脂が多く分泌される中で乾燥まで加わると過剰分泌を引き起こしてしまうのです。

 

そして乾燥により肌も硬くなってしまって、ターンオーバーも進まず余計に汚れが毛穴に止まってしまいます。

 

このように夏には背中のブツブツが増えてしまう原因の条件が揃ってしまっている状態なのです。

 

夏の間のこの状態を放っておくと秋になってから悪化してしまう可能性もあります。

 

季節の変わり目も肌に多くの影響をもたらすとともにホルモンバランスも崩れがちになってしまいます。

 

酷くならないようにするためには、夏のケアがかなり重要です。

 

そのまま放置せずに夏こそしっかりケアできるように準備しましょう。

 

背中のブツブツは特に治りが遅いです。

 

ブツブツの跡なども消えにくいので、簡単に綺麗にすることはできません。

 

まずは夏になる前からのケアを始めて夏に備えるようにしましょう。

 

そして夏こそ入念にケアをして一年中綺麗な背中を保てるようにしましょう。

 

 

 

背中は柄の長いブラシで洗った方が良いのか

 

ブラシ

 

背中を洗う際に注意したいのが洗い残しです。

 

しっかり洗えていない部分から背中のブツブツが広がっていく可能性もあるので、必ずしっかり洗うように心がけていきましょう。

 

またそのためには背中専用のブラシなどを使用すると良いでしょう。

 

しっかり洗えるブラシなら洗い残しもなく、綺麗な背中が保つことができますね。

 

ですが使用するブラシも素材が問題となってきます。

 

ブラシの毛は肌にとってかなり刺激になってしまう場合があります。

 

ブラシの毛の刺激によって逆に背中のブツブツが増えたり悪化したりする場合もあるのです。

 

そのため比較的刺激の少ない柔らかい毛を使用する必要があります。

毛ではないタイプでも、柔らかいシルク素材のようなものを使用しましょう。

 

とにかく肌にとって刺激は禁物なのです。

 

しっかり洗うことも大切なのですが、だからこそ優しく洗い上げることが重要なのです。

 

余計に背中のブツブツを増やしてしまわないようにするためにも、アクリルなどの毛や太い毛・尖った硬い毛は使用しないようにしましょう。

 

馬の毛などの動物の毛を使った細く柔らかいブラシなどがオススメです。

 

豚の毛なども柔らかいので馬の毛が合わない方はこちらの方が良いかもしれません。

 

まずはブラシも毛の素材からしっかり選び優しく洗うようにしましょう。

 

 

衣類にも注意が必要

 

背中のブツブツには皮脂分泌や汚れ、食生活やストレスなど原因はたくさんあります。

 

ですが他にも着ている服にも注意が必要になるのです。

 

衣類によっては背中のブツブツがさらに増えたり悪化してしまう可能性があります。

 

特に通気性の悪い素材は背中のブツブツには禁物です。

 

できるだけ風通しの良い通気性や速乾性のある綿素材を選びましょう。

 

汗をかいた後に蒸れた状態が続くと肌の環境が悪くなってしまいます。

 

また汗がそのまま溜まってしまうと汚れや皮脂と混じり毛穴に詰まる原因にもなります。

 

毛穴が詰まると背中のブツブツができるので、悪循環となってしまいますね。

 

清潔な服であることはもちろんですが、通気性の良い綿などの素材にすることも重要です。

 

綿は汗も吸い取ってくれるので、汗残りも防げます。

 

肌が常に清潔な状態に保つことができるため、綿を選ぶということが重要となってくるのです。

 

また素材によっては肌に強い刺激を与えてしまいます。

 

刺激によっても背中にブツブツができてしまうので、気をつけなければなりません。

 

その点では綿素材は肌への刺激も少ないので、安心して着ることができるでしょう。

 

背中のブツブツは衣類の素材によっても大きく影響される場合があります。

 

選ぶときには素材に注意しておきましょう。

背中ニキビにジュエルレイン!

トップへ戻る