背中もニキビ跡に!背中のニキビを放置すると一生跡が残る可能性が!

毛孔性角化症には↓こちら♪

背中もニキビ跡に!背中のニキビを放置すると一生跡が残る可能性が!

背中ニキビ跡

顔のニキビはとても目立つので気にする方も多いのですが、背中のニキビについてはどうでしょうか。

 

背中ニキビは服で隠れるからあまり気にしていないという方もいますよね。

 

ですが実は背中ニキビだってとても目立つ厄介なニキビなのです。

 

しかも背中ニキビはお手入れされずに放置されることも多いので、そのまま治ったとしても跡が残る可能性があるのです。

 

顔は特にニキビの跡も気になるので、化粧水や乳液の他に美容液などでケアしますよね。

 

ですが顔だってそのまま放置してしまえば、シミになって残る可能性もあるでしょう。

 

背中も同じく、シミになって残る可能性だってありますし、そのあとは一生残ってしまう場合だってあるのです。

 

ニキビができるとその場所を守ろうとする働きが起こりメラニンが集まります。

 

集まったメラニンが色素沈着を起こしてしまうと、そのままシミのような跡になって残ってしまいます。

 

肌が乾燥していたりすることで肌の代謝も落ちてしまい、シミが消えず一生残る可能性もあるので背中でもお手入れが必要となります。

 

背中は手が届きにくい場所でもあり、お手入れも難しい場所です。

 

ですが放置して背中がシミだらけになってしまうと、水着や肌が露出した服を着た時に目立ってしまいます。

 

できるだけ背中にニキビができた時は対処するように心がけておきましょう。

 

 

主な背中ニキビの原因

 

顔にできるニキビの原因はご存知かもしれませんが、背中ニキビの原因はどうでしょうか。

 

同じだと思われているかもしれませんが、背中ニキビにはまた違った原因もあるので知っておきましょう。

 

まず背中ニキビの原因にはいくつかあります。

 

中でも一番よくあるのがシャンプーやコンディショナーなどが背中についたまま洗い残している場合です。

 

洗い残しが毛穴に詰まることで炎症が起きてニキビができてしまいます。

 

また肌が乾燥することでもニキビができやすくなります。

 

乾燥すると皮脂が多く分泌され毛穴が皮脂で詰まりニキビができるのです。

 

他にも乾燥していると肌の代謝が上手に進まず毛穴に老廃物などが詰まって炎症を起こしニキビとなってしまいます。

 

着ている服にも注意が必要です。

 

服の素材によっては肌への刺激となってしまうため、肌が炎症を起こしてしまう場合もあるのです。

 

肌への過剰な摩擦や刺激も背中ニキビの原因となってしまいます。

 

このように背中の肌もきちんと清潔にして保湿などに気を使わなければニキビができ放題となってしまいます。

 

他にもホルモンバランスの乱れなども背中ニキビの原因となります。

 

様々な原因があるので、もし背中にニキビができた時にはこれらの原因があるかなどのチェックを行うようにして適切なケアを行いましょう。

 

まず行うべきケアは背中のお肌の補修と保湿です。

 

補修と保湿成分を含んだ背なかのニキビ跡ケア製品では、現在ジュエルレインが最も効果的で即効性もあります。

 

ニキビ跡の早い段階から使うとより即効性が高まります。

 

お得な公式サイトはこちら=Jewel Rain(ジュエルレイン)

背中ニキビにジュエルレイン!

トップへ戻る