ニキビと間違えやすい粉瘤とは?

毛孔性角化症には↓こちら♪

ニキビと間違いやすい粉瘤…手術が必要?

ニキビとよく似ている「粉瘤」という症状を知っていますか?

 

おでき

 

粉瘤腫・アテローマなどとも呼ばれていて、子供から大人まで誰でもできてしまう可能性はあります。

 

でき始めは本当にニキビと見分けが付かないほどですが、皮膚の内部にしこりができて皮膚表面が盛り上がり、炎症を起こすことによって腫れや痛みを伴います。
粉瘤は腫瘍のひとつなので、できれば早めに見つけて対処していきたいですね。

 

早い段階で粉瘤を見つけるためにも、ニキビと粉瘤の見分け方を知っておきましょう。
簡単に見分ける方法は、皮膚表面の「開口部」を見つけることです。

 

粉瘤の場合には、皮膚の表面に小さな穴である開口部が開いていることがほとんどです。

 

しかし、開口部は固まった老廃物などで塞がれていることが多いので、肌表面に小さな黒い点があるように見えるかもしれません。
この黒い点が、粉瘤とニキビを見分けるポイントになるでしょう。

 

粉瘤は外傷がきっかけでできてしまうこともありますが、まれにニキビから粉瘤になってしまうこともあります。

 

あまりにも長い間炎症が収まらず、他のニキビよりも大きいように感じてきたら、ニキビが粉瘤になっている可能性も考えられます。

 

 

ニキビとの違いと特徴

 

ニキビとよく似ている粉瘤ですが、どのような点がニキビと違うのでしょうか。
ニキビとの違いと粉瘤の特徴を知って、粉瘤ができてしまったときにすぐに気付けるようにしておきましょう。

 

粉瘤とは、皮膚の内側に袋状の隙間ができ、その中に老廃物などが溜まることによってできる腫瘍のことを言います。

そのため、粉瘤ができ始めたときに起こる自覚症状は、「皮膚の下にしこりがある感じがする」というものです。

 

皮膚の内側にある袋情のスペースに老廃物が溜まるので、皮膚の表面が盛り上がって見えることがあるのです。
しこりが大きい場合には、皮膚の外側から指でつまむこともできます。
ニキビの場合にも毛穴に皮脂や老廃物が溜まることがありますが、粉瘤のように外側から指でつまむことはできません。
皮膚の外側からしこりを指でつまむことは、ニキビと粉瘤を見分けるポイントにもなります。
なかなか治らないニキビがある人は、しこりをそっと指でつまんでみましょう。
また、粉瘤の場合には、皮膚の表面をよく見ると開口部を見つけることができます。
老廃物で開口部が埋まってしまっている可能性もありますが、黒い点のように見えるので、ニキビと違うことはわかるでしょう。
開口部があったり、真ん中に黒い点がある出来物は粉瘤である可能性が高いです。

 

でき始めはニキビに似ているかもしれませんが、粉瘤であった場合には徐々に症状が違ってきます。
粉瘤が酷い炎症を起こすと、赤く腫れあがって痛みを伴うことがあります。

 

老廃物が袋状のスペースにどんどん溜まり、普通のニキビとは比べものにならないくらい大きくなってしまうこともあります。
ニキビとは思えないような大きさになってきたら、粉瘤である可能性が高いです。

 

また、粉瘤の中身はほとんどが老廃物なので、出来物から臭いがすることがあります。
くさいしこりができていることに気付いたら、早めに皮膚科に行きましょう。

 

粉瘤はニキビとは違い、自分で治すことが難しいです。
手術によって腫瘍を摘出しなければ、何度も再発してしまうと言われています。

 

粉瘤を放置していると開口部から細菌が入り込み、膿んでしまうこともあるので、十分に注意したいですね。

 

大きめのニキビができてしまったときや、皮膚の外側からつまめるぐらいのしこりがあるときには、まず皮膚科に行って医師に相談してみましょう。

 

いつもニキビを自分で潰す人もいるかもしれませんが、粉瘤であったときの場合を考えて、丁寧に対処していきたいですね。

 

 

手術以外のケア方法

 

腫瘍のひとつである粉瘤は、自然治癒することがありません。

 

手術

 

自分で治すことも難しく、ほとんどの場合には手術で腫瘍を摘出することになります。
手術以外に粉瘤をケアする方法は、まずないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

もしも粉瘤のようなものができてしまったときには、すぐに皮膚科に行くことをおすすめします。
粉瘤であった場合、放っておいて治ることはありませんし、皮膚の内側に老廃物がどんどん溜まってくさい臭いを発する可能性があります。
開口部から細菌が入り込んでしまうと、炎症が酷くなって痛みを伴うかもしれません。
最初は皮膚にできた小さなしこりだったのに、どんどん大きくなって他の病気を引き起こすこともあるので、早めに病院に行くことが大切です。

 

皮膚科に行って粉瘤であることがわかれば、腫瘍の摘出手術を行うことになるかもしれません。
粉瘤は、腫瘍を摘出してしまわなければ、何度も再発してどんどん肌が汚くなっていってしまいます。

 

特に女性は、いつまでも顔に目立つしこりがあるのは嫌ですよね。
早めに対処できれば何度も粉瘤ができてしまうことはないので、しこりを見つけたら自分でケアをしようとせずに、早めに皮膚科を頼りましょう。

 

 

背中ニキビにジュエルレイン!

トップへ戻る