思春期にできるニキビと背中ニキビの違い

毛孔性角化症には↓こちら♪

思春期にできるニキビと背中ニキビの違い

ニキビといえば一番できやすくなる時期が思春期ですよね。

 

ですが背中ニキビなどのニキビと思春期にできるニキビには違いがあるので、一緒にしてしまわないようにしましょう。

 

思春期ニキビ

 

まず思春期にできるニキビの原因は活発なホルモンの働きによるものです。

 

この影響により皮脂が過剰に分泌されてニキビができやすくなります。

 

また思春期ニキビができやすいのは主に顔で、おでこから鼻と頬にできやすくなります。

 

肌質によっては頬にできやすい方もいますし、顎や顔全体という方もいるでしょう。

 

それぞれ個人差があるので、場所が必ず決まっているというわけではありません。

 

このように思春期のニキビは主に顔にできやすくなっています。

 

そして背中ニキビとの違いは、思春期はホルモンの過剰な働きによるもので一定の期間を過ぎると落ち着いてきますが、背中ニキビはケアしなければ落ち着くことはないのです。

 

もちろん思春期ニキビもケアをしなければひどくなってしまう方もいますが、ピークを過ぎればできやすい状態からは緩和されるでしょう。

 

背中ニキビの場合放っておくとどんどん増えてしまう可能性もあるので、放置してはいけません。

 

またケアの方法もそれぞれ違ってくるので、同じものと考えないようにして対処していきましょう。

 

 

ニキビのケア方法

 

ニキビができればやはり重要となってくるのがケア方法です。

 

正しいケア方法でしっかり治していきましょう。

 

まずニキビができた場所によってもケア方法は変わってくるので注意しましょう。

 

背中ニキビのケア方法

 

背中ニキビの場合には石鹸の洗い残しなどが原因となる場合があるので、まずは清潔に保つことから始めます。

 

また保湿もニキビケアにはとても重要なケアとなります。

 

スプレータイプの保湿剤などを使用して、届かない部分も入念にケアできるようにしましょう。

 

入浴時に保湿入浴剤を使用しても良いでしょう。

 

他にも摩擦や刺激によってニキビがひどくなったりする場合があるので、ニキビが治るまでは下着や服の摩擦が軽減できるような服装を心がけておきましょう。

 

そして体内からの改善も心がけておくと、効果もより期待ができるのではないでしょうか。

 

普段の食事を野菜やタンパク質中心のものに変え、脂っこいものや甘いものを控えましょう。

 

あと睡眠もニキビケアには重要です。

 

しっかり眠ることで肌の代謝も正常に行われるようになり、ニキビの治癒には欠かせない体の休息も撮ることができます。

 

不摂生を改善し肌を清潔に保ち保湿を心がけ、そして健康に良い食事を摂ってしっかりニキビを治していきましょう。

 

 

ニキビ跡には保湿が大事!

 

背中ニキビ 保湿

 

ニキビがせっかく治ったと思ったら、今度はニキビ跡に悩まされた経験はありませんか?

 

ニキビ跡はなかなか消すことが難しいので、簡単には綺麗にはなりません。

 

特に肌の環境が良くない状態であれば、あとは一生残ってしまう可能性だってあるのです。

 

このようなしつこく残ってしまうニキビ跡には保湿がとても大切なのです。

 

肌を保湿させることで肌環境が良くなり代謝が促されていきます。

 

代謝が促されることで古い角質がどんどん剥がれ落ち、メラニン色素が沈着した肌もどんどん新しい肌に生まれ変わっていきます。

 

ただ保湿剤といっても顔と同じものでは浸透しにくいので、できれば背中専用のものが良いでしょう。

 

背中専用であればジュエルレインなどがオススメです。

 

ジュエルレインは浸透力も高く抗菌作用も期待できますし、なんといってお保湿に優れていると言われています。

 

重要な保湿に関して効果が期待できるので、早く治したいと考えている方には特にオススメですね。

 

何をやっても効果が期待できなかったというのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ニキビ跡のケアには必要な継続もジュエルレインなら定期コースがありますし、60日間の返金保障などもあるのでお得ですね。

 

ニキビ跡に悩まされているならまずは保湿を入念に、何を使えばいいのかわからないならジュエルレインで試しましょう。

背中ニキビにジュエルレイン!

トップへ戻る