光線過敏症の種類

毛孔性角化症には↓こちら♪

光線過敏症の種類

光線過敏症とは、日光に当たることで湿疹やかゆみといった症状が出る病気です。
光線過敏症を発症する原因は様々ありますが、一番多いのが薬剤の使用によるものです。
薬剤が原因で引き起こされる光線過敏症には2種類あります。

 

まず、光接触皮膚炎です。
塗り薬や張り薬を使用していた部分に日光が当たって、かぶれてしまうという症状です。
外用薬をしようしていた部分から、徐々にかぶれが広がっていきます。

 

次に、光線過敏型薬疹です。
こちらは内服薬を使用した後に日光に当たることで、当たった部分に発疹ができます。
発疹ができる場所は、肌の露出部分の広範囲にわたります。

 

光線過敏症を発症している人を全体的にみると、内服薬が原因で発症することの方が多いようです。

 

 

光線過敏症の治し方

 

光線過敏症を治すためには、まず使用している薬剤を中止してみましょう。
肌荒れを起こしてしまった部分に出来るだけ日光を当てないようにして、1週間は直射日光を避けましょう。
患部に直射日光を当ててしまうと、肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。
また、ステロイド外用薬などを使用して、発疹が出てしまった部分を治療していきましょう。
目や口に近い部分には、刺激の弱いものを使用してください。
治療して症状がなくなっても、しばらくは直接紫外線を当てないようにしましょう。
症状がおさまった後でも、数か月間は再発する可能性があるようです。

 

光線過敏症は、薬剤だけでなく、食品や化粧品によって発症することもあります。
特にセロリやクロレラ、ドクダミなどは食べ過ぎないように注意が必要かもしれません。

 

これまで日光に当たって肌荒れを起こしたことがある人は、その時に薬を使用していなかったか、
いつもと違うものを食べなかったかなど思い起こしてみましょう。
同じ症状を再発させないために、予防することが出来ますね。

 

 

光線過敏症で二の腕のぶつぶつは起きるのか

 

二の腕にぶつぶつが出来てしまう原因は、いくつかあります。
もちろん光線過敏症もそのひとつで、腕に外用薬などを使用した後にぶつぶつが出来たのなら、光線過敏症の可能性が高いです。
光線過敏症の他にも、アトピー性皮膚炎やあせもなど、様々なことが原因で二の腕にぶつぶつが出来ます。
改善方法も予防方法も病気によって違いますので、普段からよりお肌に気を遣って生活すると良いでしょう。

 

汗を大量にかいた日には、しっかりとシャワーを浴びて汗を流しましょう。
不潔な状態で過ごしていると、どこから肌荒れを引き起こしてしまうかわかりません。
また、肌荒れを起こした原因を突き止めることも難しくなってしまいますよね。
アレルギー性のかゆみや湿疹を防ぐために、部屋も出来るだけ綺麗にしておくと良いでしょう。

 

それでも二の腕にぶつぶつが出来てしまったら、「ピュアルピエ」のようなケアジェルを使用してみるのも良いでしょう。
ピュアルピエは、特に二の腕のぶつぶつに悩んでいる人のために開発されたジェルです。
女性向けのファッション雑誌などでも紹介されており、沢山の女性が効果を実感していることがわかります。
二の腕のぶつぶつが見えてしまうのが恥ずかしくて、ドレスやノースリーブを着られない人や、海に行けない人もいるでしょう。
ですが、ピュアルピエを使用したら二の腕のぶつぶつが綺麗になった、という口コミは沢山投稿されています。
ピュアルピエに配合されている成分でしっかりと保湿し、お肌を健康的な状態へと導くことで、
二の腕のぶつぶつを解消することが出来るかもしれません。

 

あまりにも酷い肌荒れの場合は、悪化させないためにも早めに病院で診てもらった方が良いかもしれません。
ですが、二の腕にぶつぶつがあるのを知りながらも、どうすることも出来ず放置していたという人は、
一度ピュアルピエを試してみてはいかがでしょうか?

背中ニキビにジュエルレイン!

トップへ戻る