肌のぶつぶつ・皮膚科での治療方法

毛孔性角化症には↓こちら♪

皮膚科での治療方法

 

二の腕など、肌にぶつぶつが出来てしまい、悩んでいる人はとても多いです。
特に暑い季節になると、半袖を着るときに気になってしまいます。
そもそも肌のぶつぶつは、どうして出来てしまうのかご存知でしょうか?
ほとんどの場合、肌の毛孔に角質が詰まってしまっていることが原因です。
毛孔に詰まった角質が角栓として開いてしまい、角栓の先端部が肌表面に突出します。
これが、肌がぶつぶつしてしまう原因なのです。
また、毛細血管が拡大したり、炎症を起こしたりしていると、ぶつぶつが赤くなっていることもあります。

 

この肌のぶつぶつを治す為に、病院で専門の治療を受けることが出来ます。
一般的な治療方法としては、外用薬や保湿剤、漢方薬などの処方が挙げられます。
角質を溶解する働きのある外用薬を使用することで、分厚くなってしまった角質を除去します。
保湿剤では、肌の乾燥を防ぎます。乾燥すると、角化が進みやすいため、保湿でぶつぶつの悪化を防ぐのです。
漢方薬の処方はクリニックによるかと思いますが、イボやニキビに効果のある漢方を処方してもらえます。
また、症状によってはピーリングを行ったり、レーザーでの治療を受けることも出来ます。
肌のぶつぶつを治す為に、病院では様々な治療方法が用意されているのです。

 

 

皮膚科での費用

 

皮膚科に行けば、様々な治療方法で肌のぶつぶつを治療してもらうことが出来ます。
ですが、皮膚科に通うことで気になってしまうのが、治療にかかる費用です。
もちろん治療をしていくということは、続けて通院しなければいけないということです。
薬の処方も受けるわけですから、定期的に治療費がかかっていくことになります。
また、レーザー照射などの特殊な治療を行う場合には、さらに費用がかかります。

 

レーザー治療では、症状がある部分に麻酔をして、レーザーを当てていきます。
痛みはほとんど無いようですし、施術が終わった後にはすぐに帰宅することが出来ます。
費用は病院により変わってきますが、あるクリニックでは1ミリ×1ミリの大きさで1,050円程度としています。
レーザー治療費の他にも、薬の処方などでさらに費用がかかるでしょう。
その他にも、ケミカルピーリングやダーマローラーといった治療方法がありますが、決して安い値段ではありません。

 

では、手軽に自宅で肌のぶつぶつを治すことが出来る、お肌のケアジェルを使用してみるのはいかがでしょうか?
「ピュアルピエ」なら、通販で購入出来るので、病院に行く時間の無い忙しい人でも手に入れることが出来ます。
ピュアルピエは、二の腕のぶつぶつを治すことに特化して作られたジェルです。
通院費用が気になる人は、まずこのようなケア用品を使用してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

背中ニキビにジュエルレイン!

トップへ戻る